一級建築士事務所 古本建築設計

サービス付き高齢者向け住宅を建てる際のポイント

年々高齢者の割合が増加する現代においては、いかに自立性の高い生活を送れるかという点に注目が集まっています。広島県内にて高齢者が快適に過ごせる住宅の設計相談をしたいなら、ぜひ株式会社古本建築設計をご利用ください。

高齢者が快適に住むために必要なこと

年をとると誰でも驚くほど体にガタがきてしまうものです。若い頃には段飛ばしで階段を上っていたという体力のある方でも、ちょっとした段差が気になることもあるかと思います。そんな高齢者向けの住まいに求められる快適さについてご説明いたします。

・ 玄関

玄関先のトラブルで一番多いのが、段差によるつまずきです。特に足腰が弱まってくると靴を履くために玄関先でしゃがむ姿勢が辛いこともあります。可能であれば段差をなくす方法が理想的ですが、上がり框用の手すりを設置する、式台をプラスするなどの工夫が必要です。

・ トイレ

トイレを使用する際には、意外にも足腰に負担がかかる作業を必要とします。開き戸の場合には、開け閉めの段階で不安定になることもありますので、引き戸を好む方が多いです。また立ち上がる際には、両方に手すりがあると転倒の危険を回避できます。水を流す際にすぐ手の届くリモコン式などを設置すれば、後ろを振り返る必要もありません。

・ お風呂場

一番転倒の危険性が高い場所ですので、床材は滑りにくい素材を選ぶことが必要です。さらに手すりを必要な箇所全てに設置することをおすすめします。座ったままで入浴できる椅子を設置すれば、足腰が弱まってきた時でも安心です。

・ 寝室

一日の疲れを癒す寝室は、快適な環境を整えることで寝たきりを予防することへとつながります。必要な箇所への手すりの設置だけでなく、季節を感じられる窓の設置や寝転んだままでもテレビを見ることができる工夫なども必要です。ベッドの高さは一人でも立ち上がりやすい30センチから40センチ程度に低くすることで、転倒の不安を軽減することができます。

サービス付き高齢者向け住宅の施設基準

サービス付き高齢者向け住宅の設計は、快適な住まいの実現に加え、国土交通省と厚生労働省の定める登録基準や補助金審査をクリアするために、施設基準を満たす必要があります。

バリアフリー構造であることはもちろん、各住居部分の床面積の要件や台所・水洗便所・収納設備・洗面設備・浴室の構造及び設備要件など、その他にも様々な施設基準が設けられています。

また、サービス付き高齢者住宅の位置づけが「寄宿舎」「共同住宅」「有料老人ホーム」のどれに該当するのかによっても、建築基準法の要件が異なります。施設基準を満たしたサービス付き高齢者向け住宅の設計をご検討なさっている方は、建築設計のプロにお任せください。

広島県広島市にある株式会社古本建築設計では、高齢者向け住宅の設計相談を承っております。これまでにも集合住宅福祉施設クリニック設計の経験があり、エコ住宅やデザイン賞を受賞した住宅などの設計にも携ってきました。

豊富な経験と幅広い知識を持っておりますので、高齢者が安心して過ごすことができる快適な住まいを共に考えていきましょう。お気軽にご相談ください。

お役立ちコラム

広島でクリニックなどの設計を依頼するなら株式会社古本建築設計へ

会社名 株式会社 古本建築設計
住所 〒730-0814広島県広島市中区羽衣町 1-111-11 HAGOROMO-CHO NAKA-KU HIROSHIMA-SHI HIROSHIMA
PHONE 082-542-5442
URL http://www.furumotoaa.co.jp

READ MORE