一級建築士事務所 古本建築設計

クリニックモールを成功させるなら

医療機関の有無は、近隣住民の生活に影響を与えます。近くに医療機関があると、健康に不安を感じるときも利用しやすく、いざという時に安心です。医療機関の形態は多岐に渡りますが、最近ではクリニックモールの需要が高まっています。

複数の専門的な医療機関が集まっているクリニックモールでは、同時に複数の診療が受けられるので、利用者にとって非常に魅力的です。また、利用者だけでなく、クリニック側・ビルオーナーにもメリットがあるため年々増加していると言われています。

クリニックを開業する側

クリニックを開業するには、まとまった資金や土地・建物が必要となります。しかし、多くの資金をかけて開業しても、来院者が少なくてはクリニックの存続が困難となってしまいます。

このような点でも、クリニックモールならサインデザインや色彩計画をモール全体で統一することにより、注目を集めることができます。クリニックを単体で開業するよりも視覚的にアピールできるため、クリニックモールとしての認知度や話題性も高まります。

また、他のクリニックと連携を図ることで、質の高い医療の提供も可能です。質の高い医療が提供できれば、自然と来院者の増加・定着が見込めるでしょう。

ビルオーナー側

ビルオーナーにとって、テナントは大切な収益源です。長期間空室ばかりでは収益が減りますし、短期間で退去するテナントが多くては安定した収益に結びつきません。このような点でも、複数のテナントとしてクリニックが契約してくれることで、長期に渡る安定した収益が見込めます。

クリニック以外にも小売店などが入っていれば、通院する利用者にとって利便性も高まりテナント自体の集客も期待できるのです。結果、双方にとって恩恵の高い形態と言えます。

クリニックモールの成功にはプロデューサーの存在が大切

クリニックモールの開業で成功を収めるためには、設計段階から建築の監理までをトータルで監修するプロデューサーの存在が重要です。しかも、クリニックテナントの決定が初期段階であればあるほど、ビルオーナーとクリニックの双方にメリットがあります。

例えば、MRIなどの大荷重の医療機器を導入する予定であれば、それ相応の構造でなければなりません。また、各クリニックの専門特性を考慮した上で、それに見合う電力設備を確保する必要もあります。これら構造上のポイントを予め把握していると、費用を上乗せすることもありません。さらに、プランニング及び施工の課程でメーカーや施工者の考えを整理し、調整ができるので、良質な医療空間の実現も可能です。

円滑に建設を進め、理想のクリニックモールの実現を果たすためにも、プロデューサー的存在となる建築設計事務所へぜひ一度ご相談ください。

広島県広島市にある株式会社古本建築設計は、これまでにもデザイナーズ住宅高齢者施設福祉施設などの設計を担当してまいりました。クリニックモールや高齢者向け住宅を手がけた実績もあり、これから新築をお考えの方のサポートもお任せいただけます。

お客様が理想とするクリニックモールの完成に向けて、建築設計から現場の監理業務までトータルサポートいたしますので、広島で建築設計に関するお悩みがある方は、お気軽にお問合わせください。

お役立ちコラム

広島で建築設計のご依頼なら株式会社古本建築設計へ

会社名 株式会社 古本建築設計
住所 〒730-0814
広島県広島市中区羽衣町 1-11
1-11 HAGOROMO-CHO NAKA-KU HIROSHIMA-SHI HIROSHIMA
PHONE 082-542-5442
URL http://www.furumotoaa.co.jp

READ MORE