屋根で包む家

BLOG*REPORT

ブログ * レポート

COVERED with the ROOF

屋根で包む家

COVERED with the ROOF

屋根で包む家

内装工事2


このプロジェクトの床仕上げは、上に行くのに従い、磁器質タイルから杉板、そしてPタイルへと各層で変化していきます。 

また、玄関横の床の高さが下がった空間にはモザイクタイルが敷き詰められていて、吹抜けを介して繋がる大きな空間の隅々で、様々な空間が展開しています。
その後、各設備機器も設置されていきます。
1階に設置された床暖房と薪ストーブにより、冬には大きな吹抜けと奥の階段を廻り、空気の循環が促されるようになります。
また、夏には建物奥の最上部に設けられたジャロジー窓とハイサイドライトにより、室内の熱せられた空気を外部へ排出されるようになっています。
この大きな吹き抜けは、様々に展開された空間を一つにつなげると同時に、風や光を導く機能も果たしているのです。
全工程完了後、設計検査を経て、いよいよ完成となります。(升本)



 


REPORT 戸建住宅

[%article_date_notime%]
[%title%]