BLOG*NEWS

ブログ*ニュース

「ASTON MARTIN HIROSHIMA」オープンです! 

(仮称)M-AUTO ショールーム が第4ステージへ

2001年に竣工した(仮称)エムオート・ショールームが2016年春、「アストンマーチン広島」として始動しました。
事業用建築の場合、長い年月にわたって使用されるのは勿論、ビジネスの展開、会社の成長に伴って、そのときどきで求められる役割を果たし続けていくことが視野に入ります。



(仮称)エムオート・ショールームの場合、当初「フェラーリ・マセラティ ショールーム」として完成し、その後、「マセラティ ショールーム」、「サポートセンター」そして今回の「アストンマーチン広島」へと、憧れの名車を扱う正規ディーラーとして上昇し続けるエムオートの姿をまさに体現しています。



この建物のステージを用途上で見れば、ショールームとメンテナンスサービスという2つの役を担ってきました。そうした変遷へ柔軟に応えていく建築。それは”汎用”とは少し違うかなと考えています。
建物の各ステージをイメージから語ってみると、イタリアらしいゴージャスな華やかさ、繊細な作業を支える機能的かつ明快でクリアネスな空間、英国のラグジュリアスな洗練の粋。そうした、”場の変容”を叶えるには、空間へしっかりと力を与えておくことだと思うのです。保守性や耐久性はあくまでも土台。インテリアや装飾品、ディスプレイ、メカニック。そうした、更新されていく要素を包容力をもって高め、空間自体は変わらず魅力を湛えていることが大切なのです。
厳格なCI要求や高度な技術ニーズを果たした先に、画一的な立ち姿はそこになく、クライアントのフィロソフィーを映し続ける”唯一無二”の存在。そういうことを考えながら、作品に取り組む毎日です。
エムオートのこれからの展開に、ますます目が離せません。


商業系建築 ショールーム

 

Reacently posted


【オフィス+簡易宿泊所】

PROJECTOFFICELODGE

広島駅近隣に建つオフィスに併設する簡易宿泊所の計画です。

敷地は川辺や野球...

完成・引渡し

REPORT住宅リフォーム


設計検査・手直し完了後、いよいよ引渡しとなります。

施主様や現場との密な連携の積み重ねにより、予定通り完成を迎えることが出来ました。...