BLOG
NEWS

ニュース*最新情報





アストンマーチン広島
エムオート・アストンマーチン広島
フェラーリサポートセンター
フェラーリサポートセンター

ⓒエムオート
 

フェラーリサポートセンター

*NEWS 

「ASTON MARTIN HIROSHIMA」オープンです!

2016.Spring

(仮称)M-AUTO ショールーム が第4ステージへ

 2001年に竣工した(仮称)エムオート・ショールームが2016年春、「アストンマーチン広島」として始動しました。
 事業用建築の場合、長い年月にわたって使用されるのは勿論、ビジネスの展開、会社の成長に伴って、そのときどきで求められる役割を果たし続けていくことが視野に入ります。
 (仮称)エムオート・ショールームの場合、当初「フェラーリ・マセラティ ショールーム」として完成し、その後、「マセラティ ショールーム」、「サポートセンター」そして今回の「アストンマーチン広島」へと、憧れの名車を扱う正規ディーラーとして上昇し続けるエムオートの姿をまさに体現しています。
 この建物のステージを用途上で見れば、ショールームとメンテナンスサービスという2つの役を担ってきました。そうした変遷へ柔軟に応えていく建築。それは”汎用”とは少し違うかなと考えています。
 建物の各ステージをイメージから語ってみると、イタリアらしいゴージャスな華やかさ、繊細な作業を支える機能的かつ明快でクリアネスな空間、英国のラグジュリアスな洗練の粋。そうした、”場の変容”を叶えるには、空間へしっかりと力を与えておくことだと思うのです。保守性や耐久性はあくまでも土台。インテリアや装飾品、ディスプレイ、メカニック。そうした更新されていく要素を包容力をもって高め、空間自体は変わらず魅力を湛えていることが大切なのです。
 厳格なCI要求や高度な技術ニーズを果たした先に、画一的な立ち姿はそこになく、クライアントのフィロソフィーを映し続ける”唯一無二”の存在。そういうことを考えながら、作品に取り組む毎日です。
 エムオートのこれからの展開に、ますます目が離せません。


ひろしま深堀りライブ・フロントドア
ⓒ広島ホームテレビ

*NEWS 

ゲストコメンテーター出演

2016.04.30

広島ホームテレビ「ひろしま深堀りライブ フロントドア」
4月30日(土)午後1時

 広島ホームテレビで今春、「ひろしま深堀ライブ フロントドア」がスタートしました。毎週土曜日、午後1時からの生放送です。4月30日は第2回めの放送、"深堀りテーマ”は「広島駅周辺の再開発」について。わたくし、古本竜一がゲストコメンテーターとして番組に出演しました。
 駅周辺の再開発には誰もが大きな期待感を持っているかと思います。長い年月にわたり進められてきた事業もいよいよ佳境となり、高層マンションの建設や話題の量販店の進出など、その全容が日に日に明らかになってきています。タイムリーなことに先日、広島県呉市の旧呉鎮守府司令官舎などが「日本遺産」に指定され、観光地としても広島の知名度はますますアップしていくことでしょう。旧軍四市(呉市と横須賀市、佐世保市、舞鶴市)共同認定ということもあって、4つの「日本遺産」エリアを巡る周遊スタイルの楽しみ方も見込まれます。その点でも、広島の玄関口となる駅前の賑わいは、広島の街を大いに元気づけてくれこと間違いなしと確信しています。
 余談ですが、広島のローカル番組には必須の、カープ情報も毎週放送されます。カープファンの私としても毎回、非常に楽しみなのです。
 生まれ変わった広島駅で、カープ優勝の祝酒を酌み交わす。是非、実現したいものです。


マイライフ・オール薬局八丁堀店
アイカ施工例コンテスト
商店建築表紙

*NEWS 

「アイカ施工例コンテス2015」で入選いたしました!

2015.Award

八丁堀宮田ビル 「マイライフ株式会社オール薬局八丁堀店」

アイカ工業主催によるこのコンテストは、国内外問わずアイカ製品が使用された応募作品の中から、優れた作品を表彰するというものです。
このオール薬局八丁堀店では、アイカ製品の中でも最もベーシックである素材をオーソドックスな方法で使用し、視線の抜けと遮断、そして動線を操作することで広がりのある空間の中で患者への安心感と快適性を創出することを目指しています。
他の受賞作品には特注品や特殊品を使用したものが多くを占める中で、この賞を頂けたという事は、デザイン自体を高く評価して頂けたのだと受け止め、大変嬉しく光栄に思います。