古本建築設計
furumotoarchitectassociates
古本建築設計

PROFILE

 
トップ > PROFILE

ARCHITECT

建築家

こころに響く、豊かな空間を求めて

その場所にのみ存在する、文化・風土・特性。そして与えられた諸条件。これらを正確に見極め、光・水・風・木々といった自然要素とその地域に適した素材を融合し、新たな魅力へと高めます。そのことによって時や季節の移ろいが感じられ、心身ともに安らげる空間を創りたい。
またそれは、空間というフィルターを通して、地域の魅力を提示するスタンスでもあります。人や自然、風土と出会って初めて、空間は表情を放ちます。そんな光景を思い描きながら、その場所でしか創ることのできない、心に響く豊かな空間を目指します。 

古本 竜一

学歴

広島工業大学工学部建築学科 1987卒業
広島大学大学院工学研究科博士課程後期建築学専攻 2014単位取得後退学

登録

一級建築士 APECアーキテクト

講師

広島工業大学環境学部 非常勤講師(2006~)

メンバー

日本建築学会 日本建築士会
広島経済同友会(常任監事) 広島西ロータリークラブ 広島青年会議所(特別会員)

受賞

日本建築学会中国支部「中国建築文化賞」2011年度 住宅部門
広島市「ひろしま街づくりデザイン賞」第10回・第13回 建築物・工作物部門賞
広島県建築士事務所協会「ひろしま建築文化賞」第4回 大賞・第7回 優秀賞 他
広島県呉市「美しい街づくり賞」第7回
中国電力「2005電化住宅建築作品コンテスト」新築住宅部門・最優秀賞
その他

選出

日本建築学会「優秀建築物選集」2007・2008
日本建築学会「優秀建築物選集」2007・2008・2009
その他

作品解説

「住宅特集」新建築社 2005/1
「日経アーキテクチュア」日経BP 2006/2/13
「鯉城」広島県建築士会広島支部 NO.79、83、87、93、
「建築士Hiroshima」広島県建築士会 2011/1、2013/1、2014/11、2017/7
「住まいと電化」日本工業出版 2006/7
「DISCOVER DETAILS IN RESIDENCE」Tianjin Infengspace Media
「THE NEW MODERN HOUSE」Laurence King Publishing
「Architecture Zone A to Z」RIHAN
「Collections of Famous International Architects」Hong Kong RIHAN International Cultural Co
「World Architecture」e-architect.co. UK
「Europaconcorsi」Europaconcorsi srl ITALY
etc.

特集記事・作品掲載

「AD architectural digest」German Edition 2008/12 Condé Nast Verlagt 
  featured in "ARCCHITEKTUR Ryuichi Furumoto und seine lichren Botonbautenin Hiroshima"
「Wallpaper 2009 May issue」Wallpaper
 featured in ARCHITECTURE HOTSHEET "FORWARD LOOKING"
「hinge」No.176 HINGE MAGAZINE
 featured in "NEW JAPAN ARCHITECTURE"
 中国新聞土曜版
「ちゅーぴー住まいる」快適空間・家づくりマイスター、
「ハウジングNEWS」マイスタイル・住クリエーター・すまいすと2000・素敵にすまいすと
「モダンリビング」2008/11 アシェット婦人画報社
「モダンリビング別冊 ML+VIEW」アシェット婦人画報社
「男の隠れ家」2007/1  あいであ・らいふ社
「プレジデントファミリー」 2007/2 プレジデント社
「Esquire」2005/12 エスクァイアマガジンジャパン
「Memo 男の部屋」2004/7 “地方在住の気鋭の建築家” ワールドフォトプレス社
etc.

テレビ番組

 広島ホームテレビ「ひろしま深堀ライブ・フロントドア」コメンテーター出演
 テレビ新広島「ひろしま満点ママ!!」おしゃべりマイホーム、「スーパーニュースFNN」ひろしま街づくりデザイン賞特集
 広島テレビ「テレビ派」お宅拝見、「ズームアップ呉」
 広島ホームテレビ「E-リビング」こだわりの住まい・環境共生、「Jステーション」今が旬の建築家たち、「モデルルーム.com」こだわりの家訪問・建築家の家訪問・
 中国放送「イブニングふぉー」一級建築士の自邸、「ごじテレ」2世帯住宅
etc. 

展覧会

 建築数人会2015展「平面から空間へ」
 建築数人会2011展「もう一つの建築」 広島の建築家8人による空感のかたち
 建築数人会2009展「都市に向けて」 広島の建築家8人による都市に向けた課題と提案
 建築数人会2008展「都市/記憶の積層」
「ANTIPODAS」Museum of Architecture of Buenos Aires 2009
「Observations on Japanese Architecture」Museum of Design Atlanta 2010

講演会・講師等

『現代建築展 in広島』第3回シンポジウム 「現代建築と21世紀の平和都市」 パネリスト 2004
『現代建築展 in広島』第2回シンポジウム 「現代建築と21世紀の平和都市」 パネリスト 2003
『現代建築展 in広島』第1回シンポジウム 「現代建築と21世紀の平和都市」 パネリスト 2002
『第4回ひろしま建築文化賞作品展』大賞受賞記念座談会パネリスト 2003
『THE TILE FRONT 2005』第5回TILE DESIGN CONTEST受賞者座談会パネリスト 2009
『快適住宅設計セミナー2006 in 山口』パネルディスカッション パネリスト 2006
『快適住宅設計セミナー2006 in 岡山』パネルディスカッション パネリスト 2006
『快適住宅設計セミナー2006 in 島根』パネルディスカッション パネリスト 2006
 日本建築家協会中国支部「アーキテクト養成講座」講師 2007
 日本インダストリアルデザイナー協会 デザインサロン「建築とプロダクトデザインの21世紀を考える」パネリスト  2009

審査員

 広島県建築士会 住宅設計コンペ 「環境共生型住まいの提案」審査アドバイザー 2010
 日本建築士会連合会・都道府県建築士会「高校生の建築甲子園」広島県予選 審査員 2011~2017
 日本建築学会中国支部「建築文化賞」審査員 2013-2014
 

古本建築設計

ATELIER

アトリエ

そのデザインを導くのは、思い、ビジョン、そして夢

クライアントの思い描くビジョン。その本質は何か。
知識と経験を駆使してその理解に力を注ぎ、建築を基軸に自身、施主、そして、施工者、コンサル、メーカーなど、プロジェクトに携わる人それぞれの熱い思いを結集し、”世界にただ一つの場所”を求めていきます。
その建築は、クライアントのアイデンティティを代弁する存在として社会に在り永らえるもの。As you like. 世界にただ一つの建築を求め続けます。まずは、思い、ビジョン、そして、夢の共有から始めましょう。

空間へのこだわり
 

空間へのこだわり

面積の大小・役割を問わず、こだわる。

メイン空間は云わば表舞台。誰しもデザインに注力するでしょう。一方、水廻りやユーティリティ、休憩室といったサブ空間も必要不可欠。小さなスペースだからこそ、更に機能的に、バックヤードだからこそ、より表情豊かに、心に響く空間が求められると考えます。
あるいは、「共用部」「移動経路」といった言葉で括られがちなアプローチやエレベータホールなども、デザイン如何でドラマチックな空間となり、希求するインプレッションへ向けて鍵となることも多々あるのです。
面積の大小、役割の主従に関係なく、空間クオリティの追及に際限なし、と考えます。

こだわって26年
 

こだわって、26年

広い視野とブレーンネットワーク

建築は芸術性に加えて”社会性”が求められます。それゆえ、地域との結び付きは切り離せないもの。1993年に起業し今日に至るまで長らく、建築デザインの研鑽を積むのに並行して、社会貢献の活動や異業種のエキスパートとの交流も蓄積し、視野の拡大、ブレーンネットワークの構築にも務めてきました。

こだわりをプロジェクトの実現へ
 

こだわりをプロジェクトの実現へ

建築デザインを基軸とした俯瞰的ディレクション

敷地条件や立地、建築関連法令などの与件をクリアする事は、至って「基本」の範疇と考えます。事業プロジェクトでは営業法や登録認定要件、さらに医療モールではテナントの専科や導入機器に準じ、環境を整える必要が生じます、スケルトンからインフィルへ、建物オーナーとテナントそれぞれで行う工事が円滑に移行、実施されることも重要です。
建物の設計内容を掌握している、その立場の優位性を活かし、"魅力的な場所”へと結実させるべく、俯瞰的なディレクションを目指します。

株式会社古本建築設計
 
事務所登録

一級建築士事務所 広島県知事登録18(1)2441号

代表者

代表取締役 古本竜一

APECアーキテクト

広島工業大学環境学部非常勤講師

設立

1992年アトリエ開設・1993年法人設立 

所在地

〒730-0814
広島県広島市中区羽衣町 1-11 

連絡先

TEL 082-542-5442 FAX 082-542-5443

E-MAIL info@furumotoaa.co.jp  

関連法人

株式会社東宮:不動産賃貸業

 
土地をお探しの方
土地をお探しの方

物件探しからアシスト致します。土地ご購入検討時には、設計事務所ならではの発想力でアドバイス致します。例えば、一見すると扱いが難しそうな不定形敷地も、そのポテンシャルを見極めれば、その個性が創造の源となってきます。 

 
  土地の事業活用をご検討の方
土地の事業活用ご検討の方

ご検討場所での賃貸ニーズを把握のうえ、賃貸事業建物のご提案を致します。また、次号コンサル・不動産仲介等と連携し、プロジェクト始動当初からテナント募集も同時進行致します。ご要望があれあ、税務、登記、法務など、諸業務に関する専門家のご紹介も可能です。 

 
医院の建設・開業をご検討の方
医院の建設・開業

医院・診療所・クリニック・薬局など

開業コンサルと連携し、物件探しから開業準備までをディレクション致します。導入する医療機器に適応する設備環境や設備的コンディションの調整も致します。既存建物に開業される場合、その建物の構造・設備を建築の専門家としての見地から考察し、最適な診療環境をご提案致します、税務、登記、法務など、関連分野ブレーンのご紹介も対応致します。

 
高齢者施設の建設をご検討の方
高齢者施設の建設

サービス付き高齢者向け住宅など

用地探しからサポート致します。サービス付き高齢者向け住宅など、コンサルと連携し、事業許認可や補助金申請で求められる建物・設備上の基準をフィードバックさせ、建築工程の中で効率良く反映致します。周辺ツール、サインデザインやロゴデザインなどもご要望に応じて監修致します。

 
事業用建物の建設をご検討の方
事業用建物の建設

社屋・オフィス・店舗・ショールーム・ファシリティ等

経営ビジョンの実現に向けて、建築に出来得る可能性を追求、ご提案致します。企業の顔に相応しい、精神性やアイデンティティも建築に込めてデザイン致します。

 

株式会社古本建築設計

 メールお問い合せはこちら

082-542-5442
広島県広島市中区羽衣町 1-11 

 
プロフィール