古本建築設計
furumotoarchitectassociates
古本建築設計

将来を見据えたマイホームづくり

 

マイホームを建てる際は、将来を見据えながら計画を立てることが大切です。設計する段階から長く住むことを意識してつくったデザイン住宅は、ライフスタイルが変化してもきちんと対応できるため、年月を重ねても住み心地の良い住まいとなります。

将来の変化をある程度予測する

将来の変化をある程度予測する

結婚や子どもの誕生など、人生の転機をきっかけに、マイホームを建てる方は少なくありません。家族が快適に長く暮らせるマイホームにするためには、目先の要望だけでなく、10年後、20年後のこともイメージして考える必要があります。住まいは長きにわって使い続けていくものなので、将来の変化に合わせた使い方ができるように、柔軟性を持たせることが重要です。

今のライフスタイルだけで間取りを考えてしまうと、子どもが成長した時、あるいは同居している両親が年老いてきた時に、不便を感じるようになるかもしれません。こういったライフスタイルや将来の変化をある程度予測し、柔軟性のある住まいにすることで、変化に対応しやすくなります。

理想のマイホームづくりを叶えるために大事なのは“打ち合わせ時のイメージ共有”

理想のマイホームづくりを叶えるために大事なのは“打ち合わせ時のイメージ共有”

一戸建てを新築する際、株式会社古本建築設計では住まいに関するご要望や思いを可能な限りお聞きしたいと考えています。住まいは、家族みんなの理想の形にしなければなりません。どのようなライフスタイルを目指すのか、間取りや予算など、お客様と詳しくお話をした上でプランを提案していきますので、ご要望は何でもお聞かせください。

理想の家のイメージを共有し、内容に納得してから施工を開始する流れです。イメージをすり合わせることで齟齬を防ぎ、理想のマイホームを実現いたします。もちろん、マイホームづくりで迷われている方もご相談くだされば、専門的な知識や経験をいかし、アドバイスいたします。

広島で住宅設計のご依頼は、株式会社古本建築設計へお任せください。一戸建てのデザイン住宅から集合住宅、医療・福祉施設まで、幅広いご依頼に対応しています。株式会社古本建築設計では、外観や内装にこだわることはもちろん、機能性も兼ね備えたデザイン住宅の設計が可能です。

将来のことを考えた間取りにしたい、ゆとりがある広々とした家にしたいなど、お客様のご要望に合わせたご提案をさせていただきます。広島でマイホームの設計にお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

広島でデザイン住宅を設計するなら株式会社古本建築設計

会社名 株式会社古本建築設計
事務所登録 一級建築士事務所 広島県知事登録18(1)2441号
代表者
代表取締役 古本竜一
APECアーキテクト
広島工業大学環境学部非常勤講師
設立 1992年アトリエ開設・1993年法人設立
住所 〒730-0814 広島県広島市中区羽衣町1−11
TEL 082-542-5442
FAX 082-542-5443
E-MAIL info@furumotoaa.co.jp
URL http://www.furumotoaa.co.jp/
関連法人 株式会社東宮:不動産賃貸業

プロフィール