古本建築設計
furumotoarchitectassociates
古本建築設計

医院の開業形態ごとの特徴

 

医院の開業形態には、主に「戸建て」「ビル診」「医療モール」の3種類があります。この記事では、これら3つの開業形態のメリットと留意点について解説します。

戸建て開業のメリットと留意点

戸建て開業のメリットと留意点

戸建て開業は、自分が所有する物件を医院にするため、制約が少ないことが特徴です。間取りや内装などの自由度が高いので、医院のサービスやコンセプトに合わせた設計ができることがメリットといえます。

反対に、設計や建設に時間がかかるため開業までに日数が必要なこと、費用が高くなりがちな点は留意しておきたいところです。また、院外処方の場合は、付近の薬局との連携を視野に入れておく必要もあります。

ビル診開業のメリットと留意点

ビル診開業のメリットと留意点

ビル診開業のメリットは、数多くのテナントビルの中から物件を選ぶことができるため、立地条件が良い物件を見つけやすいことです。戸建て開業と比べると開業資金を抑えられることも、メリットの一つといえます。

ただし、ビル診開業はテナントが賃貸物件であるため、設計の自由度が低く、医療機器の設置や電気容量など、医院として不都合な設備はないか、事前の確認が必要になります。また、ビルの所有者の意向によって、看板の掲示などの制限を受ける場合もあるため、慎重な物件選びが大切です。

医療モール開業のメリットと留意点

医療モール開業のメリットは、地域での認知度が高いため集患しやすく、他の診療科目の医院との相乗効果も望める点です。また、看板や駐車場を共同で利用できる場合もあるため、戸建て開業よりも初期費用を抑えることができるのもメリットになります。留意点としては、医療モールの開業では他の医院との話し合いが必要な場合がある、内装の自由度が低いことなどが挙げられます。

医院開業も広島の株式会社古本建築設計へお任せください

広島で医院開業を検討中の方は、株式会社古本建築設計へお問い合わせください。クリニックや福祉施設などの戸建てはもちろんのこと、医療モールやビル内のテナント設計も対応いたします。高い技術力と豊富な経験をもとに、患者さまだけでなくスタッフにも配慮した機能性の高い設計のご提案が可能です。

ナチュラルなインテリアを中心とした温かい空間や、柔らかな陽の光が差し込む明るい空間など、理想の医院づくりのサポートをさせていただきます。医院開業のための設計に関してお悩みでしたら、ぜひ広島の株式会社古本建築設計へご相談ください。

医院開業を広島でお考えなら株式会社古本建築設計

会社名 株式会社古本建築設計
事務所登録 一級建築士事務所 広島県知事登録18(1)2441号
代表者
代表取締役 古本竜一
APECアーキテクト
広島工業大学環境学部非常勤講師
設立 1992年アトリエ開設・1993年法人設立
住所 〒730-0814 広島県広島市中区羽衣町1−11
TEL 082-542-5442
FAX 082-542-5443
E-MAIL info@furumotoaa.co.jp
URL http://www.furumotoaa.co.jp/
関連法人 株式会社東宮:不動産賃貸業

プロフィール